設計さんのおかげで確保できた「軒」と「鼻隠」の関係@打合せ

打合せ
03 /18 2018
あすやま家の土地は、狭小細長変形五角形。

ここに家を建てようとしているから、いろんなところに無理がでます(^-^;

そのあおりをうけていることの1つが、、、

軒。

設計さんが境界ギリギリまで考えて、出せるだけ出してくれているケラバと軒。

当初、標準の屋根材の「コロニアル・グラッサ」で計画していたときは、敷地の形にあわせるように、境界ギリギリまで、軒を出す予定でした。

ケラバは両端60cmを確保できましたが、他の方向には50cmにも満たない軒ではありましたが(^-^;

その後、屋根材を「コロニアル・グラッサ」から「瓦」へと変更したので、瓦割の都合で軒が縮小するおそれがあることは、事前に設計さんからお話がありました。

そして、着工合意後、データセンター(?)から出来上がってきた軒の出が28cm!

before.jpg

さすがに設計さんもこんなに小さくなってしまうのは想定外だったようで、データセンターの方にかけあってくださいました。

その結果、「現場との調整ができれば変更ができそうだ」という結論に至り、設計さんと瓦屋さんとで直接相談していただくことに。

私は待機するしかなかったわけですが(^-^;

そして、ついに3月16日の設計さんとの打合せで結論が!

after.jpg 

45cmの軒の出をなんとか確保できました!
(すみません、ほんとに小さい家なので、45cmでも軒としては小さいヨ!というツッコミはなしでお願いします(^-^;)

設計さん、いつもいつもありがとうございます!

設計さんのお話によると、「鼻隠」の形を変えることで、軒の出を少し伸ばすことができたそうです。

あすやま家の「鼻隠」は、当初は設計さんのおすすめもあって、「鉛直の鼻隠」でした。

こちらのほうが見た目がスッキリするそうで、私も特にこだわりなく、「じゃあ、それで。」とお願いしていました。

ところが、屋根材の瓦への変更の際、「鉛直の鼻隠」を採用するために、データセンター的には、軒の出をひかえなければならなくなってしまったようです。

before.jpg 


そこで、設計さんが瓦屋さんと直接相談したところ、この「鉛直の鼻隠」を「垂木に沿った鼻隠」に変更することで、瓦のおさまりもよくなり、軒の出を少しでも長くとることができたとのことでした。

after.jpg

あすやま家はレアなケースだとはおもいますが、もしも瓦屋根で軒の出を少しでも長くしたい方がいらっしゃったら、「鼻隠」の形状を確認して変更してみると、もしかしたら軒を伸ばせるかもしれませんよ~!


着工合意後に「軒の出」が縮小変更になりそうですが、これってあるあるなんですかね?@打合せ

打合せ
03 /04 2018
あすやま家の家はとっても小さいです。

敷地も変形狭小5角形です。

その敷地になるべく広い建物を計画しているため、当然、軒の出も限られてきます。

スレート屋根から瓦屋根に計画変更したときから、

「瓦割の関係で軒の出が小さくなるかもしれません」

と設計さんからは言われてはいましたが、着工合意時の図面では、軒の出はとりあえず45cmは確保できて、けらばの出も60cmほど確保できていました。

建物と敷地の面積の取り合いになるので、これがちょうどいいくらいなのかなぁと思っていました。

軒の出90cmとかあこがれましたが、理想と現実は、、、(^-^;

着工合意の時も図面で軒の出やけらばの出について確認したときには、設計さんは何もおっしゃっていなかったので、なんとかこのサイズが確保できたんだな~と安心していました。

が。

今朝になって、設計さんからお電話があり、

「実は、瓦割の関係で軒の出についてご相談したいことが・・・」

とのお話。

これって、きっと、

「実は「軒の出」は出せなくなりました」

のフラグですよね(^-^;

明日の打合せのときに詳しいお話を伺うことになるのですが、、、。

そうなると、ほんとに、着工合意ってなんだったのかなぁって思います。

でも、これって、あるあるなんでしょうか?

おしえてきこりん!
DSC_0871_convert_20171014114025.jpg 

トラブル(?)が起きた流れはこんな感じでした!@打合せ

打合せ
02 /27 2018
そんなわけで、「仕様仕上表」のコンロの仕様が、あすやま家がぜんぜん考えていなかった記載になっていた件の原因は↓こんな感じでした。


1.住友林業さんの標準仕様でトクラスさんのキッチンを選択。

2.住友林業さんのコンピューター上で「推奨設定品」の調理機器として「IHヒーター」が登場。

3.差額なし変更として標準の「ガスコンロ」を選択。

4.この時点では「見積書」には何も表示されず、住友林業さんのコンピューター上の「仕様仕上表」で「コンロ変更 ガスコンロ」が記載。(されるそうです。実物を見たわけではなく、そういう説明でした(^-^;)

5.打ち合わせ中に「デリシア」に変更。

6.住友林業さんのコンピューター上の「仕様仕上表」の記載では、「コンロ変更 ガスコンロ」から「推奨設定品」の「IHヒーター」に一旦戻した上で「コンロ変更 デリシア」の追加記載。

7.「見積書」の記載でも、「コンロ変更 デリシア」と記載。

8.デリシアへの差額が14万円という数字を見て、結局、「デリシア」を取り止め、標準の「ガスコンロ」に変更。

9.「見積書」からは「コンロ変更 デリシア」の項目が削除。

10.住友林業さんのコンピューター上の「仕様仕上表」の記載の更新がなされず、そのままに。。。


「見積書」と「仕様仕上表」が連動しているわけではないんですね~。

追加費用が発生するとか、そういう事態にはならずに済みましたが、他にも打合せと異なる箇所があったので、「仕様仕上表」は、「見積書」「図面」と一緒に2週間前くらいからチェックしたかったです(^-^;

そんなわけで、まだ決まりきっていないことなどもあるので、来週の月曜日も打合せが続きます。

着工合意後に発覚する「仕上仕様書」と「見積書」の違いは、あすやま家の仕様なのでしょうか!?@打合せ

打合せ
02 /25 2018
着工合意前の約1週間前に、「図面」と「見積書」は受けとり、目を皿のようにしてチェックをしました。

多少のミスはあったものの、おおむね問題なかったので、「着工合意」したわけです。

サインを書き、印鑑も押しました。

あとは、着工を待つだけかなと思いきや、その打合せの終了間際に、設計さんから「仕上仕様書」と「朱書きのある図面」のコピーをいただいたので、帰宅してからじっくり読んでみると、、、。

あれ!?

とりやめたものがそのまま「仕上仕様書」に入ってる!?

しかも、問題があるのは、キッチン。

うちは「都市ガス」をつかう予定なので、ガスコンロを指定してあるはずなのに、仕様書には「2口IHラジエントヒーター」の文字が躍っているではありませんか!

ちょっとまって~ちょっとまって~設計さ~ん

着工合意したあとは、変更が難しくなるとおっしゃってましたよね、、、

そんなわけで、明日、出勤前にショールームに行って、設計さんと相談することになりました。。。

これってどうなっちゃうんでしょうね~!?

一歩前進! 「着工合意」してきましたっ!@打合せ

打合せ
02 /23 2018
2018年2月23日(金)。快晴。

請負契約からちょうど5か月経った今日。

住友林業さんと、、、

着工合意してきましたっ!

今、思えば、請負契約のときも快晴でした。

図面や見積りは、あらかじめいただいて確認しておいたので、お話は比較的すんなり進んだと思います。

妻も、サインと印鑑のために職場からかけつけてくれました。

着工合意 

ようやく、ここまでたどり着けました。

なんだか感慨深いですね(しみじみ)(^-^;

3月4日(日)に地縄立ち合いがあって、3月6日(火)・7日(水)で地盤改良の杭打ち、そしていよいよ3月10日(土)から着工です!

でも、まだ決まってないこともちょっとあるんですよね。。。(^-^;

設計さんも同席してくださっていましたが、とてもお疲れの様子でした、、、。ちょっと心配。


ちなみに、早速、クラブフォレストが「予定」から「実績」に更新されていました!

Screenshot_20180223-124227.jpg 

これからもこんな感じで状況がすぐわかるとありがたいですね~。

あすやまとーたん

はじめまして! あすやまとーたんと申します。沖縄旅行が大好きな40代サラリーマンです。このたび、住友林業さんで家を建てることになりました!
プロフィールの画像は娘が描いたイラストです♪