FC2ブログ

天井埋込形 ナノイー発生機「エアイー」@あきらめたモノたち(8)※追記あり

あきらめたモノたち
12 /26 2017
あすやま家では、家をたてたら猫を飼う予定です。

娘が小さい頃から飼いたがってはいたものの、家を新築してからのほうがいいと思っていたのでのびのびになっている状態です(^-^;

猫を飼うからには、そのための準備も新築時にしておこうと思い、その一環として「におい対策」もあれこれ考えていました。

局所換気扇をつける案、エコカラット案が当初ありましたが、エコカラット案は費用が大変なことになるのであきらめ。

そんなわけで、猫のトイレのそばに局所換気扇をつけることで、においを少しでも軽減する作戦で進んでいましたが、ここにきて、発見した装置が、


でした。

p_fy-10s.jpg 

臭い対策として、相当期待できるのでは!?

と思い、諸先輩型のブログを拝見すると、とてもいい評判が多く、ぜひこれを採用したい!と思い始めました。

そのことを住友林業さんの設計さんに相談したところ、

「まだ私は扱ったことはありませんが、いい商品ですよね! どのあたりに設置しましょう?」

というかんじのとんとん拍子でお話が進んでいきました。

私としては、家中「エアイーバリア」をイメージしていたので、設置できそうな場所に手当たり次第に設置してもらうことにしましたが、、、。

「パナソニックの方にも設置場所について相談してみよう」

とふと思い、パナソニックのサイトから問い合わせをしてみたんですね。

そうしたら、、、。

ご設置に関してのご注意

①常時換気用換気扇が設置されたお部屋内(トイレ・浴室・脱衣所)等には設置いただけません。特に、浴室や湿気の多い場所には設置しないでください。(感電や故障の原因になります)

②ナノイー発生条件に適応した空間に設置してください。
 お願い:室内温度:約5℃~約40℃(露点温度:約2℃以上)周囲温度40℃以上になる場所には設置しないでください。相対湿度約30%~約85%(乾燥状態だとナノイーが発生しません)

 ※冬期に室温20℃、相対湿度60%以上の環境下でご使用しますと、本体の表面や内部に結露が発生して床に滴下する事があります。この場合乾燥した布などで拭き取ってくさい。

③火災報知機・排気口・壁からの距離が確保出る天井にお取付けください。
 ・排気口(エアコンも含む)からの離隔距離1.5m以上
 ・火災報知からの離隔距離 1.5m以上(住宅用防災警報器に関する基準 第七条三号に規定があります)
 ・壁からの離隔距離150mm以上

④メンテナンスフリー商品ではありませんのでお手入れを考慮して設置場所・高さをご検討ください。
というお返事が、、、。

常時換気用換気扇って、いまの新築住宅って設置が義務付けられてるんですよね?

ってことは、居室には「エアイー」を設置できないってことですかね。。。

相当広い部屋で、常時換気用換気扇から離れていれば設置できそうですが、あすやま家の部屋はどれも猫の額ほどの広さしかないわけで。

さらに取り扱い説明書の注意書きを読んでみると、、、。

水平な天井に取りついていることを確認してください。

これって勾配天井にも設置ができないということなんですよね。。。

ってことは、子ども部屋にも設置できず。

台所も設置しないでくださいとなっていて。

どうやら、「エアイー」をあすやま家で採用できたとしても、相当限定的な場所だけになりそうです。。。

残念。。。

「におい対策」どうしましょう(^-^;

続きを読む

家族と一緒にカリモクさんへ行きました!@インテリア(4)

インテリア
12 /24 2017
今日はクリスマス・イブ。

住友林業さんとの打ち合わせ以外で、久しぶりに子どもたちと一緒にお出かけしました。

私の父のところで半日遊んだあと、時間があったので、子どもたちも連れて東浦の「カリモク本社ショールーム」に行ってきました。

到着して受付を済ませたあと、子どもたち向けの「クリスマス抽選会」でくじをひかせてもらったところ、年長さんの息子が、なんと1等を引き当てましたw

DSC_0982.jpg

いやぁ、私自身はこういったくじ運は、とことんないのでビックリです(^-^;

DSC_0981.jpg

カリモクさんならではの、木製のツリー。

自分で木のパーツをくみ上げてつくりあげるものらしいです。

あたらしいおうちが完成したら、ぜったい飾りますよ~♪

DSC_0983.jpg
 
カリモクさん、素敵なクリスマスプレゼントをありがとうございました!

で、本当の目的は、このくじではなく(笑)、子どもたちにも、実際にソファーに座ってもらって、感触を確かめてもらうことだったんですね。

そんなわけで、先日と同じ案内係の方が、あらためてソファーをピックアップしてくださって、子どもたちにも座ってもらい、好評だったものをまとめて、見積りを作っていただきました。

↓食堂テーブルと食堂椅子はこんな感じ。
KARIMOKU_SOGO_2017_0174.jpg 
食堂テーブルは脚2本で片方の面がカーブしているタイプをチョイス。

↓3人掛け食堂椅子(大)=ベンチはこんな感じ。
karimoku_NEW_2017_0014.jpg
どうやら2017年に発売されたニュータイプらしいです。

↓椅子の張地は、今のところこの「イゴール・ブラウンパープル」という色を選択中。
b412.jpg 
これはこれでよさそうですが、住友林業さんのインテリアコーディネーターさんが選んでくださった色も素敵だったので、もうちょっと悩んでおきます(^-^;

そして、これらの家具一式に布メンテナンスキットを合わせたカタログ価格(税抜き)は、536,200円。

ここからは、住友林業さんのインテリアコーディネーターさんとの話し合いで費用が決まります(^-^;

さぁて、いくらになるのかな~。

年明けのインテリアコーディネーターさんとの打ち合わせが、また楽しみです!

悩みだしてしまいました、屋根のこと@屋根(1)

屋根
12 /24 2017
住友林業さんの標準仕様の屋根は、「コロニアルグラッサ」となっています。

あすやま家では、当初、片流れの屋根に太陽光発電用のパネルをビッシリ載せる気満々だったので、あんまり見えなくなる屋根だから、標準の「コロニアルグラッサ」でいいかな~と思っていました。

グラッサHP 

そして時は過ぎ、間取りも落ち着き、床材や天井材、クロスや設備、収納、照明、カーテン、家具などなどを吟味している今日この頃。

よくよく考えたら、屋根の形が片流れから切妻にかわったので、屋根材も検討したほうがいいかも?と思ったのが事の発端です。

それで「コロニアルグラッサ」の仲間で、「遮熱グラッサ」というシリーズがあることを知り、この「遮熱グラッサ」を採用できますか?と設計さんに確認したところ、住友林業さんの設定には、まだないそうなので、確認してくださることになりました。

そのときからです。

他の皆さんは、一体、屋根をどうしていらっしゃるんだろう?と、ようやく屋根について調べ始めたのは!

そうすると、「瓦の推し」の記事がたくさん出てくるわけで(^-^;

無知でした!(恥ずかしい。。。)

コロニアルグラッサ」のメリット・デメリット、「瓦」のメリット・デメリット、いろいろな方がいろいろな立場で紹介していらっしゃるので、勉強になりますが、、、。

正直、訳が分からなくなってきました!(爆)

そこで、年末の忙しいところを申し訳なかったですが、設計さんに相談したところ、瓦を使うことによる金額アップと太陽光発電パネルを設置する「台」による金額アップがあることと、外見のシャープさがなくなりますというアドバイスをいただきました。

設計さん、ほんとうにいつもありがとうございます!

さぁて、、、

屋根、どうしましょう。。

このまま、「コロニアルグラッサ・シリーズ」でいくか、それとも「瓦」でいくか、、、。

新築を建てられた方、これから建てられる方、屋根ってどうしました(どうします)か!?

カリモクさんへ行ってきました!<その2>@インテリア(3)

インテリア
12 /24 2017
「今の家では自室で、PCで仕事をしているとき、つかれたな~って思ったら、すぐそばにあるベッドに、そのままゴロ寝して、本を読んだり、うたた寝したり、気分転換できたらすぐにPCに向かう生活なんですよ~」

と、案内係の方とお話したら、

「それでしたら、いいモノがあるんですよ~(ニッコリ)」

と言われて連れていかれたのがこの椅子のもと。

DSC_0976.jpg

見るからに豪華な椅子。

「どうぞどうぞ、腰かけてみてください♪」

言われるがままに座ってみると、、、

Oh...

だめですよ、こんな素敵な座り心地の椅子を見せてしまっては!!!

「リクライニングやフットレストも快適ですよ~♪」

Oh......

「実際に書斎などでデスクチェアーを使っている男性の方の声を反映させてつくりあげた商品なんです~(ニッコリ)」

なんていうか、仕事+リラクゼーションをこんなに上手にまとめているとは、、、

ほしくなってしまうじゃないですかっ!!

「とりあえず、お見積もりにいれさせていただきますね♪(にっこり)」

「あ、はい」

大丈夫!? 私の理性!

KARIMOKU_SOGO_2015_0278.jpg 

もしも書斎用デスクチェアーを検討していらっしゃる方がいれば、この椅子、秀逸です!

カリモクさんへ行ってきました!<その1>@インテリア(2)

インテリア
12 /21 2017
今日は、たまたま妻と休日が同じだったので、住友林業さんのインテリアコーディネーターさん経由でカリモクさんに予約をいれていただいて、カリモクさんの本社ショールームにお邪魔してきました!

カリモク招待券 

もっとたくさんお客さんもいるのかな?って思いましたが、私たち以外、見当たらず(^-^;

平日ですものね(^-^;

おかげでゆっくり見て回ることもできました。

エントランスから入ってすぐの階段のところの飾りつけも、「木」を「活かし」ていて素敵でした♪

DSC_0970.jpg 

開店すぐに受付を済ませ、あすやま家の間取り図(設計図)のコピーをもった案内係の方に案内されて、ショールーム内をいったりきたりしました。

今回の目的の一つは、「ダイニングソファー」の現物を見ること。
DSC_0973.jpg 
DSC_0974.jpg

案内係の方が、私たちのイメージをたくみに吸い上げてくださって、そのイメージに沿う形のものをピックアップしてくださって、紹介してくださいました。

50分の1の設計図にカリモクさんの家具たちのシールをはりながら、大きさと空間を目で見て確かめながら、実物に座らせていただいてお話を伺いました。

そして、もうひとつの目的は、インテリアコーディネーターさんに紹介されたTVボード「セルタス」の実物をみること。
DSC_0971.jpg DSC_0972.jpg


すでにインテリアコーディネーターさんがサンプルを組んでくださっていたのですが、このサンプルがすでに秀逸の出来栄えで、エアコンの位置から窓の位置、家具の位置、空間的な広がり、いずれの要素からもベストマッチ。

インテリアコーディネーターさん、ほんとにすごいです!

一通り見せていただいたあと、案内係の方に、

「他になにか必要なものはありますか?」

とたずねられたので、

「じつは、、、」


続きは次の記事に!

カリモクさんへレッツゴー!@インテリア(1)

インテリア
12 /21 2017
カリモク招待券

あすやま家は、噂の「インテリアフェア」のお知らせは、これまで一切ありません。

ほかの皆さんのブログなどでは、「インテリアフェアにいってきましたー!」という記事を拝読しているのですが、そのたびに、すごい世界だなぁ~と思っていたわけで。

I got it !

あすやま家の予算的にかつかつだという情報を担当者さんたちでシェアしていて、話題にあがらないようにしていらっしゃるにちがいないですね!(冗談です(^-^;)

I see !

そんなわけで、先日、インテリアコーディネーターさんとの打ち合わせの中で提案された家具の数々が「カリモク」さん。

もともとカリモクさんの家具は大好きだったことをインテリアさんにお話していたので、きっとピックアップしてくださったんだと思います。

リーズナブルなものから大変高価なものまで、、、(^-^;

インテリアさん、あすやま家の予算、かつかつなんですよ~(>_<)

そのままカリモクさんのご招待券をいただき、予約もしていただいたので、今日、今から東浦にある「カリモク家具 本社ショールーム」に向かいます!

正直、予算的にきびしいところもありますが、せっかくなのでじっくり検討してきます!

静かな始まり@解体(2)

解体
12 /20 2017
外出から帰ってきたら、電気工事のお兄さんたちが家のまわりで、なにやらお仕事をしていました。

「こんにちは~。なんの工事をしていらっしゃるんですか?」

気になったので聞いてみると。

「解体工事の申請があったので、電線を保護する工事をしているところなんですよ~」

と、教えてくださいました。

電線

ちょっと見づらいですが、電線に黄色いカバーがとりつけられています。

年明けすぐに解体工事の本番がはじまります。

年末年始をはさむので、今の段階から準備をはじめているんでしょうね~。

いよいよなんだな~という実感が少しずつわいてきた、快晴の冬の日でした。

住友林業さんで選ぶエアコン@エアコン(1)

エアコン
12 /19 2017
そんなわけで、設計さんとの前回の打合せに登場したエアコンの話題。

設計さんが持ってきてくださったパンフレットは2つ。

img016.jpg 
2017住林エアコン日立 

ダイキンさんと日立さんのパンフレットの表紙です。

住友林業さんで家づくりをしていらっしゃる皆さんも同じものを渡されてるんでしょうね~。

あすやま家としては、パナソニックさんか日立さんかで考えていたので、ダイキンさんはぜんぜん考えていませんでした。

せっかくなのでダイキンさんのパンフレットを読んでみて比べてみましたが、感覚的・カタログ数値的には日立さんのほうが省エネ的にいいかなぁと思いました。

ダイキンさんの「壁掛型UX」のデザインは、とっても素敵でしたが(^-^;

そんなわけで、日立の「白くまくん」に方向性を決めました。

でもまだパナソニックのエオリアシリーズも気になってます(^-^;

img018.jpg img019.jpg


性能的にはグレードによって、もちろん大きな差もあったりします。

ZEHを目指すなら、「主たる居室(=リビング、ダイニング、キッチンが該当)」のエアコンの「定格冷房エネルギー消費効率の区分」が「(い)」であるものを選ぶ必要があるそうです。

img020.jpg 

性能を確認せず、とりあえず安いもので揃えようとするとZEHにできなくなってしまうおそれもあるそうなので気をつけたいところですね(^-^;

きっと設計さんが指摘してくださると思いますが。

そして気になるお値段です。

カタログに掲載されている金額は、びっくりするような金額がついてます。

もちろんこの価格で設計さんも提案してきません。

いや、もしパンフレット掲載価格をそのまま見積りにいれてくるとしたら、その設計さんは、、、(^-^;

さて、あすやま家に最初に提案された日立のエアコンですが、

▼一番最初
LDK:E36G(カタログ:オープン価格)=141,000円
和室:E22G(カタログ:オープン価格)=103,000円

オープン価格という名のクローズ価格(^-^;

▼間取りがある程度決まってから見積り
LDK:EL56G2(カタログ:オープン価格):196,000円
和室:AJ22G(カタログ:オープン価格):58,000円
書斎:E22G(カタログ:オープン価格)=103,000円
子ども部屋:AJ22G(カタログ:オープン価格):58,000円

どうにも、「オープン価格」で謎の金額設定。

そこで、「白くまくん」の上位機種のXJシリーズの見積もりをお願いしたところ、、、。

▼一番新しい見積り
LDK:XJ56G2(カタログ:550,000円):270,000円
書斎:XJ22G(カタログ:360,000円)=176,000円

こんなかんじで半額より少し安い設定になっていました。

なるほど、だいたいカタログ価格の半額から少しお安くなってるわけですね!

オープン価格の機種ならもう少し安くできるのかもしれません。

ただし!

「白くまくん」って、今年の秋にマイナーチェンジ(?)していて、型番末尾の記号が「G」→
「H」にかわっているんですよね。

カタログ掲載エアコンはすべて末尾が「G」。

ざっと見た感じ、冷暖房性能としてはほとんどの差がなさそうではありましたが、少しでも新しいもののほうがいいですよね。

あすやま家の完成予定が2018年9月頃なので、きっとそれまでに新しいものが出ているはず。

性能的にあまりかわらないのであれば問題ないんですけれども、、、。

そのあたりのことを価格交渉も踏まえて設計さんとお話してこようと思ってます。

いっそのこと、配管と取付だけお願いして施主支給にしたほうがいいのかな~。

38坪2階建て家屋の解体費用@解体(2)

解体
12 /18 2017
先日契約したあすやま家の解体費用の総額は、、、

解体費用総額:3,019,680円也。

狭小変形五角形な敷地も、解体の難易度をあげているそうで。。。

総額で300万円をこえているので、新築費用におもくのしかかっています(^-^;

交渉が得意な方なら、もっとお安くできるかもですが、やっぱり私は交渉事が超下手です(^-^;

でも、お隣さんもとても協力的にお話を受け入れてくださっていますし、今がきっとチャンスなんだと思うので、なんとか捻出します!

あすやま家の解体費用情報が、これから新築に向けて家屋の解体を検討する方の、特に連棟式の家屋の解体を考えていらっしゃる方の参考になれば幸いです!

【以下内訳】
●家屋解体:1,064,000円
※坪単価28,000円×38坪
※木造2階建て・3棟連棟長屋形式のうち2棟を解体
※隣地1棟と切り離したあと切り口を補修

隣地一部手壊し及び補修費用:630,000円
※基礎CB積み・巾木・1階屋根板金工事・外壁ガルバ板金予定

既設ブロック・フェンス撤去・運搬・処分:156,000円
※1メートル単価6,500円×24メートル

足場養生:336,000円
※1平方メートル単価1,200円×280平方メートル

解体後鋤取り:88,905円
※1平方メートル単価840円×105.84平方メートル

残土積込・運搬・処分:150,000円
※1立方メートル単価6,000円×25立方メートル

付帯工事(浄化槽2か所・土間・敷地内樹木):80,000円

重機回送:80,000円
※1回20,000円×4回

諸経費(リサイクル申請込み・安全対策等):211,095円

★小計:2,796,000円

消費税:223,680円

「ピュアモルト・フロア」は生産中止になっていた!@あきらめたモノたち(7)

あきらめたモノたち
12 /16 2017
今日は、私が午後出勤だったので出勤前に設計さんと打合せ。

いろいろ仕分けをしているわけですが、そのなかでもショッキングだったことが!!

設計さんが、とっても申し訳なさそうに、

「すみません、ピュアモルト・フロアなんですけれど、生産中止になっていました。。。」

なんですって!?

ものすごく楽しみにしていた床材が。。

ちなみに、「ピュアモルト・フロア」というのは、、、(以下引用)

ウイスキー樽に使用されるのは、樹齢を重ねた北米産のホワイトオークです。樽材として使用する材は木目が真っ直ぐなホワイトオークが理想とされ、柾目板のみが使われます。柾目板は収縮率が少なく、反りやねじれが起こりにくいのが特長。しかも、樽材には柾目板の中でもわずかしか採れない正柾(しょうまさ)と呼ばれる最上のものだけが使用されます。森の中で生まれ育ち、さらにウイスキーの熟成樽として半世紀以上も貯蔵庫で眠り続けたオーク。ウイスキー樽としての役目を終えた貴重なオークをフロア材として再生したのが、ピュアモルト・フロアです。そのフロアには、長い歳月を重ねたオークにしか出せない香り立つような風合いがあります。

sct5_pht01.jpg 

(以上引用)

住友林業さんのサイトでも、とっても素敵に紹介されていたのに。。。

書斎にぜひ使いたかった「ピュアモルト・フロア」。

オークにこだわっているあすやま家でも、ぜひぜひ採用したい床材でありました。

残念で仕方ありませんが、生産中止となってしまっては、どうしようもありません。。。

とほほ。

あすやまとーたん

はじめまして! あすやまとーたんと申します。沖縄旅行が大好きな40代サラリーマンです。このたび、住友林業さんで家を建てることになりました!
プロフィールの画像は娘が描いたイラストです♪