FC2ブログ

狭小な土地での3階建住宅だと太陽光発電の効果が、、、。

建築会社選び
08 /14 2017
こんばんは!
住宅展示場を巡るたびに増えていく名刺の整理をそろそろしないと、混乱しそうなあすやまとーたんです(^-^;

今日は朝10時から、住友林業の営業担当の方と設計担当の方が、私の自宅にいらっしゃいました。

「前回お会いしたときから今日までの間で、気になることや質問はありませんか?」
とのことでしたので、

・最近、勉強のために他の業者さんのお話をうかがっていること
・父とこれからの生活についての話し合いが進んでいること
・太陽光発電の希望
・ZEH対応は可能かどうかの質問

を伝えました。

そのなかで、またひとつ勉強になったのが、建物の高さには10メールの高さ制限があるということです。

部屋数の都合などから3階建をメインに考えているのですが、建物の高さ制限から逆算して考えていくと、緩やかな傾斜の屋根を設置することになり、そこに太陽光発電用のパネルを設置するとなると、効果的に発電できるというおよそ30度の角度を得ることが難しくなるそうなのです。

また、2階建にすると希望の部屋数が確保できないため、3階建にすることで1つの階の床面積自体を減らし、その分、3階建にすることで建物を上にのばし部屋数を確保しようとしているのですが、その結果、屋根自体の面積も狭くなり、パネルの設置面積自体も狭くなってしまうことに。。。

つまり、狭小な土地に建てる3階建住宅だと、太陽光発電パネルの設置角度と面積の問題から、太陽光発電の効果が十分に得られない恐れがあるということ。

確かにその通りですよね~。
営業の方がとても丁寧に説明してくださって、納得しました。

残念ながら、我が家の新居では、太陽光発電は効果的な活用は無理そうですね。
よって、その段階でZEHもサヨウナラ。
残念ではありますが、これも現実なのでそのまま受け止めることにします。

そして、いよいよ本題です(笑)。

まずは、7月29日に受けてみたライフプランの資料が出来上がってきたので受け取りました。35ページにわたる「ライフプランの資料」に「公的年金試算」と「遺族年金受取額試算」も添えられていました。今まで考えたことのなかった世界でしたので、実に勉強のし甲斐がある資料たちです(^-^;

次に、7月29日に営業の方が提案してくださった間取り案をもとに、設計さんも一緒に希望の確認をしました。やはり、ひとりであれやこれやと考えているだけよりも、みんなでいろいろ考えることでアイデアもわきやすいものですね!

次は8月27日の午後からショールームにて、今日の相談の結果が反映された間取り案を見せていただけるとのこと。とっても楽しみです!

午前中の住友林業さんとの打合せを終え、午後1番には、アーレックスさんの営業の方から連絡が入り、いろいろお話を伺いました。その上で、いろいろ検討して、勉強してから、あらためてこちらからお電話をすることに。

その後、自宅のお隣さんがクレバリーホームさん関連のお仕事をしていらっしゃるそうなので、15時過ぎに岡崎中日ハウジングセンターに家族ででかけて、お話を伺うことにしました。対応してくださった方がとても丁寧な方で、とてもとても聞き上手でした。こちらでも、間取りの提案をしていただけることになり、お願いしてきました。どんな間取りの提案をいただけるか、とても楽しみです!

そんな感じのお盆休みの1日でした。

コメント

非公開コメント

あすやまとーたん

はじめまして! あすやまとーたんと申します。沖縄旅行が大好きな40代サラリーマンです。このたび、住友林業さんで家を建てることになりました!
プロフィールの画像は娘が描いたイラストです♪