着工合意後に「軒の出」が縮小変更になりそうですが、これってあるあるなんですかね?@打合せ

打合せ
03 /04 2018
あすやま家の家はとっても小さいです。

敷地も変形狭小5角形です。

その敷地になるべく広い建物を計画しているため、当然、軒の出も限られてきます。

スレート屋根から瓦屋根に計画変更したときから、

「瓦割の関係で軒の出が小さくなるかもしれません」

と設計さんからは言われてはいましたが、着工合意時の図面では、軒の出はとりあえず45cmは確保できて、けらばの出も60cmほど確保できていました。

建物と敷地の面積の取り合いになるので、これがちょうどいいくらいなのかなぁと思っていました。

軒の出90cmとかあこがれましたが、理想と現実は、、、(^-^;

着工合意の時も図面で軒の出やけらばの出について確認したときには、設計さんは何もおっしゃっていなかったので、なんとかこのサイズが確保できたんだな~と安心していました。

が。

今朝になって、設計さんからお電話があり、

「実は、瓦割の関係で軒の出についてご相談したいことが・・・」

とのお話。

これって、きっと、

「実は「軒の出」は出せなくなりました」

のフラグですよね(^-^;

明日の打合せのときに詳しいお話を伺うことになるのですが、、、。

そうなると、ほんとに、着工合意ってなんだったのかなぁって思います。

でも、これって、あるあるなんでしょうか?

おしえてきこりん!
DSC_0871_convert_20171014114025.jpg 

コメント

非公開コメント

あすやまとーたん

はじめまして! あすやまとーたんと申します。沖縄旅行が大好きな40代サラリーマンです。このたび、住友林業さんで家を建てることになりました!
プロフィールの画像は娘が描いたイラストです♪