地盤改良スタート!「小口径鋼管杭」が打ち込まれ始めました!@土地

土地
03 /06 2018
2018年3月6日(火)

昨日は、豪雨だったあすやま家近辺。

ただでさえ地盤が弱いのに、あんなに雨が降ったので、もしかして今日の杭打ちは延期になるかな?と思いきや、昨日とはうってかわって朝から青空が広がる晴天!

設計さんと以前打ち合わせた予定通り、無事に小口径鋼管杭が打ち込まれ始めました!

↓このマシンで杭をうちこんでいきます。
DSC_1220.jpg

↓これが杭。6メートルのものと3メートルのものが準備されていました。
DSC_1222.jpg

あすやま家の敷地は盛り土された土地のため、9メートルの深さまで杭を打たないとしっかりと支えられないそうで、まず6メートルの杭をうってから、3メートルの杭を接続し、溶接して打ち込むという作業です。

9メートルの杭を運ぶのは相当厳しい(というかできないのかな?w)ので、現地でつなぎ合わせるんですね~。

ふと思ったんですが、溶接部分の強度って大丈夫なんでしょうかね?w

DSC_1224.jpg

ミリ単位での調整が続き、厳しい指示が飛び交います。

DSC_1225.jpg 

「安心・安全のため1ミリの誤差にもこだわって仕事をしています」
と現場の方がおっしゃっていました。

頼もしい限りです!

コメント

非公開コメント

あすやまとーたん

はじめまして! あすやまとーたんと申します。沖縄旅行が大好きな40代サラリーマンです。このたび、住友林業さんで家を建てることになりました!
プロフィールの画像は娘が描いたイラストです♪